News

【画像】米山隆一の経歴・学歴|東大卒もハッピーメール女性問題で失脚?

前・新潟県知事の米山隆一さんと作家でタレントの室井佑月さんが結婚を発表し、意外な組み合わせに驚きの声が上がっています。

米山隆一さんのこれまでの経歴や学歴は素晴らしく、東大卒で医師免許取得、おまけに弁護士資格まで持つスーパーエリートでもあります。

ただ、過去には「ハッピーメール」絡みの女性問題で新潟県知事を辞職されています。

今回は、米山隆一さんの経歴や学歴、失脚に至った女性問題まで詳しくまとめています。

【画像】米山隆一の学歴・プロフィール

米山隆一 学歴 経歴 弁護士 医師 新潟県知事
  • 名前:米山隆一(よねやまりゅういち)
  • 生年月日:1967年9月8日
  • 年齢:52歳(2020年5月時点)
  • 出身:新潟県北魚沼郡湯之谷村(現:魚沼市)
  • 前職:新潟県知事・医師・弁護士

米山隆一さんは、最終学歴が東京大学大学院医学系研究科で、前職は医師・弁護士をされていました。

実家は精肉店を営んでおり、現在は有限会社セイジロー(セイジロー肉店)の社長を務めています。

米山隆一の学歴は東大卒

米山隆一さんの学歴一覧がこちらです。

湯之谷村立井口小学校

新潟大学教育学部附属長岡中学校

灘高等学校

東京大学 医学部医学科

東京大学大学院 経済学研究科及び医学系研究科

地元の小学校・中学校を卒業された後、兵庫県にある日本でも最難関の「灘高等学校」に入学。

東京大学の共通一次試験を1000点満点中960点取得し、現役合格されています。

東京大学医学部医学科卒業した後は、東京大学大学院医学系研究科にし、博士号も取得されています。

また在学中には、医師免許や司法試験にも合格されています。

米山隆一の経歴がすごすぎる

ここで米山隆一さんの現在に至るまでの経歴をチェックしてみましょう。

米山隆一の経歴①医師

米山隆一 学歴 経歴 弁護士 医師 新潟県知事

1992年に医師免許を取得し、在学中より東大病院の放射線科で研修を受けていました。

その後、放射線医学総合研究所に就職し、3年間を過ごされた米山隆一さん。

1998年に東京大学大学院経済学研究科、2000年に東京大学大学院医学系研究科をそれぞれ単位取得。

放射線医学総合研究所、ハーバード大学附属マサチューセッツ総合病院を経て、2003年に東京大学より博士号(医学)を取得されています。

医師としては約14年間勤務されていたようです。

2005年からは東京大学先端科学技術研究センター医療政策人材養成講座の特任講師も務めました。

米山隆一の経歴②弁護士

米山隆一 学歴 経歴 弁護士 医師 新潟県知事

医師として東大に進み、研修医を経てハーバード大学附属マサチューセッツ総合病院で勤務されていた米山隆一さんですが、

なんと1997年10月に司法試験に見事合格されています。

動機は「東大の寮にいたとき法学部のやつがすごく威張っていた」と話し、腹を立てて受験したんだそう。

それほど負けず嫌いな方だったのでしょうか?

2011年には弁護士として活動し、医療訴訟などを主に担当されていたようです。

米山隆一の経歴③政治家

2005年・2009年の衆議院議員選挙に自民党から出馬するも、どちらも落選。

2012年の衆議院議員選挙、2013年の参議院議員選挙には、自民党から日本維新の会に移って立候補しましたが、こちらも落選されています。

2016年に維新の党が民主党と合流したことで民進党に移ります、その後新潟県知事選挙への立候補に伴い、離党されています。

2016年の新潟県知事選挙で無所属から出馬し、49歳で見事当選されました。

政治家として最初は苦労されたようですが、医師・弁護士を経て、新潟県知事当選と華々しい経歴を持たれていた米山隆一さん。

周囲からの評判も良かったようですが、2018年に週刊文春で報じられた女性問題がキッカケでなんとわずか1年半で知事を辞職することとなってしまいます。

米山隆一の「ハッピーメール」女性問題とは?

米山隆一 学歴 経歴 弁護士 医師 新潟県知事

米山隆一さんは、2018年4月18日に記者会見を開き、週刊誌に報じられた女性問題について自ら謝罪し、知事を辞職することを表明しました。

新潟県の米山隆一知事(50)は18日、県庁で臨時の記者会見を開き、インターネットの出会い系サイトで知り合った女性と交際し、知事就任後も金品を渡して男女関係を持ったことを認め「県政に混乱を招いた」として、辞職を表明した。

出典:産経新聞

週刊文春の報道によると、知事と女性は出会い系サイト「ハッピーメール」を介して知り合い、援助交際目的で密会。

1回3万円で関係を持っていたようです。

また米山氏はこの女性以外にも複数の女性と関係があったようで、本人も事実関係を認めることになりました。

会見で米山隆一さんは、

「私としては交際中だった」

「女性の歓心を買おうと金銭の授受があった」

「それによって好きになって貰おうと思っていた」

と釈明するも、

「もらう側は、そんなことで好きになることはまったくない。

もらうだけが目的だったのだろう。」

と発言。援助交際を認めたともとれる発言もありました。

新潟県のトップが、複数の女性を買春していたと報じられ、知事を辞職することとなりました。

在職期間は歴代最短の1年半だったようです・・。

【まとめ】米山隆一の経歴・学歴がすごすぎた!

東大卒で医師・弁護士の経歴を持ち、新潟県知事に登りつめた米山隆一さんですが、たった1年半で新潟県知事を辞職することとなってしまいました。

週刊文春に報じられた女性問題によって、今までのキャリアを全て台無しにしてしまったようです。

今回、作家でタレントの室井佑月さんとご結婚され、驚いた方も多いのではないでしょうか。

第2の人生が幸せなものになるよう、お祈りしています。