News

SixTONESデビュー曲が微妙って本当?評判や賛否両論の声まとめ!

来年1月22日にデビューするSixTONESの新曲「Imitation Rain」

ベストアーティスト2019でテレビ初披露されたのですが、感想が「微妙・・」と言った声が多く上がっています。

今回はSixTONESの「Imitation Rain」に対する賛否両論の声をまとめてみました。

SixTONESデビュー曲は「Imitation Rain」

「Imitation Rain」の画像検索結果

ベストアーティスト2019で初披露されたSixTONESのデビュー曲がこちらです。

「Imitation Rain」は、作詞作曲共にYOSHIKIが手掛けたバラード曲です。

関連画像

SixTONESをプロデュースする滝沢副社長の意向で決まったという今回のタイアップ。

YOSHIKIもこのSixTONESのデビュー曲にかける想いを語っていました。

滝沢さんからお話をいただいたのは、ジャニーさんがご存命の頃でした。あまりにも自分のスケジュールが過密だったため、安易に引き受けると後々ご迷惑をかけると思い、お断りするつもりでお会いしましたが、滝沢さんの熱心な思いに心を打たれ、また「SixTONES」が海外での J-POP のイメージを一新させる可能性を秘めたグループだと確信したので、楽曲提供およびプロデュースを引き受けさせて頂きました。

参考:音楽ナタリー

SixTONESが、海外でのJ-POPのイメージを一新させる可能性を秘めたグループだと確信した

とある通り、歴代ジャニーズのデビュー曲を聴き比べてみても、今までと全くテイストが違います!

確かに聴いてみると、SixTONESだけ全く違うような印象を受けますよね。

SixTONES「Imitation Rain」が微妙?

「Imitation Rain yoshiki」の画像検索結果

このSixTONESのデビュー曲に関して、「ちょっと微妙、なんか違う・・」といった声も多く集まっていました。

微妙、イマイチといった声をまとめてみると、

  • デビュー曲なのにインパクトが弱い
  • SixTONESらしさがない
  • バラード曲でカップリングみたい
  • YOSHIKI要素が強すぎる

などの意見が出ていました。

SixTONES「Imitation Rain」肯定の意見も

「Imitation Rain yoshiki」の画像検索結果

微妙・・といった意見の一方で、デビュー曲を大きく評価する声も上がっていました。

肯定派の声では、

  • 世界に羽ばたいてくSixTONESらしい
  • 新しい試みがカッコいい
  • YOSHIKIの曲なのにちゃんとモノにしている

などと、今回のデビュー曲を称賛する意見もたくさん出ていました。

SixTONESを初めて知った方からは、「ジャニーズぽくなくてカッコいい!」といった意見もありました。

賛否両論を巻き起こしている今回のデビュー曲ですが、世界を目標にしているSixTONESにとっても挑戦的なデビューになったのではないでしょうか。

ジャニーズの王道を守るキンプリに、更なる上を目指すSnow Man。

そしてジャニーズの既成概念を壊し、世界進出を目標に掲げるSixTONES。

各グループに強い個性も見えますし、ジャニーさん亡き後のジャニーズを引っ張って行く使命を背負ったグループではないでしょうか。

世界を目標にジャニーズに新しい風を吹き込んでくれるかも知れませんね!

SixTONESの今後の活躍にも注目していきたいです。