News

【動画】宮沢氷魚の英語力がすごい!ペラペラでカッコよすぎると話題に

モデルで俳優としても活躍中の宮沢氷魚さん。

高身長でスラっとしていてカッコよくて、とても人気がありますよね。

実は宮沢氷魚さん、英語が堪能なことでも有名です。

今回は宮沢氷魚さんの英語スピーチ動画や、英語がペラペラな理由についてもまとめています。

宮沢氷魚の英語力がすごい!ペラペラ動画まとめ

早速、宮沢氷魚さんの英語力をチェックしてみましょう!

宮沢氷魚の英語動画①ELLEインタビュー

こちらはELLEのインタビューに英語で答える宮沢氷魚さん。

よく使う慣用句や英語の勉強法を、英語と日本語を交えて紹介しています。

お気に入りのフレーズは「Don’t look back in anger」だそうです。

イギリスのロックバンド・oasisの代表曲としても有名ですよね。

直訳すると「怒って過去を振り返らないで」です。

好きな理由として「なるべく怒りという感情を持たず、前を向いて進みたい」とコメントされていました。

いつも穏やかな宮沢氷魚さんらしいコメントですね。

宮沢氷魚の英語動画②CHANELのエキシビジョン展

世界各地で開催された、CHANELのエキシビジョン展「マドモアゼルプリヴェ/ガブリエル シャネルの世界へ」。

東京の開催では、エキシビジョンの音声ガイドを宮沢氷魚さんが担当されました。

こちらは展示会の魅力を英語で解説する宮沢氷魚さんの動画です。

会場では、宮沢氷魚さんが英語・日本語の音声でガイドしてくれたんだとか。

落ち着いていてとても聞きやすいですよね。

宮沢氷魚の英語動画③偽装不倫

2019年7月に放送されたドラマ「偽装不倫」では、カメラマンの伴野丈役として登場。

ドラマ内では、英語のシーンも披露されていました。

氷魚さんの英語って発音も綺麗で、ネイティブのように自然に聞こえますよね。

宮沢氷魚の英語動画④電車アナウンス

こちらは2017年に放送されたBS朝日の「金曜日くらい褒められたい」に出演した宮沢氷魚さん。

カラオケで電車アナウンスを体験するコーナーで、流暢な英語を披露し驚かれる場面も。

2分40秒〜くらいから視聴できます。

英語力ももちろんすごいんですが、声が落ち着いていて癒やされますよね〜。

こんな電車アナウンスだったら、朝から穏やかな気持になれそうです。

宮沢氷魚が英語ペラペラな理由は?

宮沢氷魚

宮沢氷魚さんはネイティブ並に英語がペラペラですが、英語が堪能な理由は何なのでしょうか?

宮沢氷魚さんは父親が日本人・母親がアメリカ人と日本人のハーフで、氷魚さん自身はクォーターでもあります。

アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコで生まれ、幼稚園から高校まで東京のインターナショナル・スクールに通っていました。

カリフォルニア大学サンタクルーズ校から国際基督教大学に編入し、アメリカへの留学経験もあります。

英語がペラペラなのは、小さい頃からインターナショナルスクールに通い、英語身近にある環境で育ってきたからだったんですね。

アメリカで留学経験もあり、英語はほぼネイティブ並なのでしょう。

ちなみに宮沢氷魚さんの父親は、「島唄」で有名なバンドTHE BOOMのボーカリスト・宮沢和史さん。

宮沢氷魚 父親 宮沢和史

母親は現在コメンテーター等で活躍する、タレントの光岡ディオンさんです。

宮沢氷魚 母親 光岡ディオン

父母を有名人に持つ、生粋の芸能家系だったようですね〜!

ですが宮沢氷魚さんは現在の事務所に入る時は、両親の存在は隠していたそうですよ!

宮沢氷魚は英語がペラペラで堪能だった!

宮沢氷魚さんは、幼少期からインターナショナルスクールに通いアメリカ留学経験もあるバイリンガルな俳優であることがわかりました。

英語力を活かして今後、日本だけでなく世界も見据えて活躍できそうですよね!

今後の宮沢氷魚さんの活躍にも注目していきたいです。

宮沢氷魚 父親 宮沢和史 そっくり
宮沢氷魚の父親はTHE BOOMの宮沢和史!母親もタレントの芸能一家だった宮沢氷魚の父親は歌手で有名バンド・THE BOOMの宮沢和史!顔もそっくりで父親の若い頃に似てる?,母親はタレントの光岡ディオン!...