News

黒岩知事が無能すぎ?理由や評判まとめ!経歴プロフィールも紹介

神奈川県の黒岩知事ですが、事あるごとにネット上で炎上したり批判の声が上がっています。

黒岩知事と検索すると”無能”といったワードも・・。

黒岩知事が無能と言われている理由は何なのでしょうか?

黒岩知事の経歴・プロフィール、世間の評判についてもまとめています。

黒岩知事が無能すぎ?

黒岩知事のエピソード①休業補償を断念

2020年4月11日、緊急事態宣言を受けて自粛要請に従い休業している事業者に対し、休業補償を捻出しようとした黒岩知事ですが、上手く遂行できずに断念しています。

1兆円の臨時交付金を財源にしたかったようですが、西村大臣から交付金は「休業補償」に使用できないと断られたことが原因のようです。

これを受けて、黒岩知事は会見で

「ない袖は振れない」

と発言。

また休業補償にも関しても不透明なことだらけでしたので、

「手法として出来るのは確認したが、実際にそれが出来るのか全くわからない」

と発言し、頼りなさと混乱を招く結果に。

交渉が難航する中、休業要請の方が優先事項となってしまい断念せざるを得ない状況になってしまったようです。

対象事業者からは、批判と落胆の声が上がっている様子でした。

黒岩知事のエピソード②独自の対策はなし?

またその後も、これまで休業要請に対し「都とは歩調を合わせられない」と主張していた発言してきた黒岩知事が一転して、

「都と全く同じ基準にする」

と述べ、独自の対策も打ち出せず、結局、都の対策に従うだけになってしまったようです。

発言の一貫性の無さやリーダーシップの無さに、県民からも落胆の声が上がっているようでした。

黒岩知事のエピソード③医療従事者をコロナファイターズ?

また、新型コロナウイルスの治療に携わる人や家族が偏見にさらされている実態があるとして、医療関係者を「コロナファイターズ」と名付け、応援するキャンペーンを打ち出した黒岩知事。

具体的には、賛同する協力企業などに配布する「がんばれ!!コロナファイターズ」と書かれたステッカーを450枚作成し、知事や県職員が応援メッセージを発出する動画を作成していました。

ですが、このキャンペーンに対し「軽はずみ」「不謹慎」「バカにしているのでは?」といった批判が相次ぎ、知事自ら撤回する事態となっていました。

意図はわかるのですが、何かずれていると言うか・・。

個人的には、こんな未曾有の事態の中「そんなロゴやステッカー作っている場合ではないのでは?」と感じてしまいました。

黒岩知事のエピソード④緊急速報を使用

また2020年5月2日には、GW期間も自粛体制が続いている最中、黒岩知事が緊急速報を使用して県民に自粛の徹底を通知していました。

緊急速報は主に地震速報で使用されていたので、通知音が鳴る=地震速報と捉えるのが一般的でしょう。

県民のみなさんは、さぞかし驚きと不安に包まれたのではないでしょうか・・。

黒岩知事は県民の気持ちに寄り添っていないと捉えられても仕方ないですね。

確かに4月30日から、緊急速報に災害・避難情報だけでなく、新型コロナウイルスによる外出自粛要請の通知も可能になっていたようです。

ですが、一切通知もなくいきなり緊急速報を使用し、県民に不安を煽るのは県のトップとしていかがなものかと思います。

黒岩知事に無能や怒りの声

これまでの知事の行動から、県民からも無能といった声や怒りの声が相次いでいるようです。

緊急速報に関しては、

緊急地震速報かと思った、怒りが込み上げてくる。

要請レベルで使うものではない

と怒りの声が相次ぎ、

頼りない、自慢話しかしない、無能、

といった批判の声が上がっているようでした。

黒岩知事の経歴・プロフィール

黒岩知事のプロフィール

  • 名前:黒岩祐治(くろいわゆうじ)
  • 生年月日:1954年9月26日
  • 年齢:65歳(2020年4月時点)
  • 出身:兵庫県神戸市
  • 学歴:早稲田大学政治経済学部政治学科
  • 特技:歌・ミュージカル・ダイビング・水泳
  • 座右の銘:愚直

芦屋市立精道小学校を卒業後、名門校で偏差値77ともいわれている灘中学校に入学。

灘高等学校に進学し、早稲田大学政治経済学部政治学科を卒業。

大学時代は雄弁会とミュージカル研究会に所属していて、ラ・サール石井氏と一緒の舞台に立った事もあるようです。

歌が得意ということでミュージカル俳優も目指していたとか、いないとか・・。

人前でパフォーマンスすることが好きなのかも知れません。

黒岩知事の経歴

早稲田大学を卒業後、1980年にフジテレビへ入社し「FNNスーパータイム」でキャスターを担当。

1990年には、自身が企画した救急医療キャンペーン「救急医療にメス」が「第16回放送文化基金賞」と「民間放送連盟賞」を受賞。

ニュース番組「報道2001」や「新 報道2001」でもキャスターを担当し、ワシントン支局特派員としても活躍されていました。

2009年には、キャスターを降板してフジテレビを退職し、国際医療福祉大学大学院教授に着任しています。

教授時代は、医療や福祉に関する実践的メディア論・報道の検証等を研究していたようです。

2011年に神奈川県知事選挙へ無所属で立候補し、初当選。

2019年には神奈川県知事に3選を果たして、現在に至ります。

黒岩知事に無能の声?世間の評判や経歴まとめ

神奈川県の黒岩知事に無能の声が上がっていたようですが、確かに対策や言動に的外れな部分が多く、県民からも批判が集まっているようでした。

有事の際は知事の真価が問われる時ですので、少しでも力を発揮してもらいたいのですが・・。

今後の黒岩知事にも注目が集まっています。