News

【わかりやすく】検察庁法改正案とは?内容や問題点を簡単に解説!

Twitterで「#検察庁法改正案に抗議します」がトレンド入りし、芸能界や各方面から批判の声が上がっています。

抗議が殺到し大炎上している「検察庁法改正案」ですが、一体何が問題になっているのでしょうか?

「検察庁法改正案」をわかりやすく簡単にまとめています。

「検察庁法改正案」がトレンド入り!

2020年5月10日に突如トレンド入りした、「#検察庁法改正に抗議します」のハッシュタグ。

5月10日の午前にはそのツイート数は250万件を超え、夕方には380万件を超えるほどの大きな話題となっています。

検察庁法改正案に抗議します わかりやすく 簡単に 解説

この抗議ツイートは芸能界など各方面からも上がっており、俳優の井浦新さんや浅野忠信さん、音楽家の大友良英さんなど、各界の著名人からも批判の声が相次いでいます。

中には、アーティストのきゃりーぱみゅぱみゅさんや秋元才加さんまで。

一体「検察庁法改正案」の何がここまで問題となっているのでしょうか?

「検察庁法改正」とは?わかりやすく解説

「検察庁法改正に抗議します」とは、簡単に説明すると、

「検察官の定年を65歳に引き上げる法改正案を認めません。」

ということ。

政府は検察庁法改正案として、現状検察官の定年が63歳なのに対して、65歳に引き上げようと試みているのです。

定年を引き上げるだけで何がそんなに問題なの?」と疑問に思いますが、要は現在、東京高等検察庁で検事長を務める黒川検事長の定年を引き上げたいということなんです。

検察庁法改正案に抗議します わかりやすく 簡単に 解説

政府と検察官のわかりやすい関係図がこちらです。

検察庁法改正案に抗議します わかりやすく 簡単に 解説

安倍総理はこれまで森友学園や桜を見る会で何かと問題となっていましたが、それをフォローしていたのが検察のナンバー2とも言われる黒川検事長でした。

黒川検事長は現在63歳で定年間近なため、黒川検事長に辞められたら困るという安倍総理の思惑があると見られています。

わかりやすい動画解説はこちらです。

安倍総理は、まだ法改正が行われていないにもかかわらず、2020年2月7日に63歳で退官予定だった黒川検事長の定年延長を閣議決定しています。

このまま私情で法改正を行われては、国の柱である三権分立が揺るぎかねない事態となってしまいます。

そのため、各界から批判の声が相次いでいるようです。

「検察庁法改正」に世間の声は?

この法改正案には、世間から抗議の声が殺到しています。

ネット上でも、

私情に基づいて法改正をしていいものなのか

新型コロナウイルスで非常事態の中、今審議する必要性があるのか

等と、批判の声が殺到しているようですね。

【まとめ】「検察庁法改正案」をわかりやすく簡単に解説!

2020年5月10日に、突如「#検察庁法改正案に抗議します」とトレンド入りし話題となった「検察庁法改正案」。

国が新型コロナウイルスで混乱している最中、このような法案が通ろうとしているとは驚きですね。

三権分立と民主主義を守るために、国民のアクションが大きな形となって表れた様子です。