News

ビートたけしの再婚相手A子の顔画像は?元銀座ホステスで経営者だった!

ビートたけしさんが18歳年下のパートナーとの再婚を発表されました。

元妻との離婚は、再婚に向けてのステップだったのでしょうか?

再婚相手のA子さんについて、顔画像や名前・プロフィールを紹介しています。

ビートたけしが18歳年下のパートナーA子と再婚

2020年2月8日、ビートたけしさんが再婚を発表されました。

タレントのビートたけし(73)が18歳年下のパートナー女性・A子さんと再婚したことが7日、分かった。

スポニチ本紙の取材では、この日までに都内の区役所に婚姻届を提出している。昨年5月に長く別居していた前夫人・幹子さん(68)との離婚が成立。

A子さんとは8年前から交際してきた。現在ではマネジメント業務も任せており、公私両面のパートナーとなった。

参考:スポニチ

2019年5月に、長年連れ添った妻の幹子さんと離婚。

再婚相手は、18歳年下のA子さんと言われています。

A子さんは、ビートたけしの2018年の著書「ビートたけしのオンナ論」でも”オネーチャン”表記で作中に登場するほど。

現在ではビートたけしさんと個人会社「T.Nゴン」を設立し、仕事上のパートナーでもあるA子さん。

一体どんな方なのでしょうか?

ビートたけしの再婚相手A子の名前は?

再婚相手のA子さんは、8年に渡り愛人関係だった「横井喜代子」さんと言われています。

ただ、週刊誌で(仮名)とつけられていたこともあり、通名である可能性も。

週刊誌では度々ビートたけしとA子さんの2人の様子が報じてられていました。

ビートたけし 再婚相手

ビートたけしと再婚相手・A子の馴れ初めは?

2人の出会いは2013年1月、元ラグビー選手の松尾雅治さんの紹介だったそうです。

なんでもビートたけしが知人と立ち寄ったバーで出会ったのが、A子さんだったとか。

こちらバーは松尾雅治さんが経営するバーだったようです。

意気投合した2人はそこから親密な関係になったのだとか。

2014年に週刊文春に報じられたことがキッカケで、ビートたけしさんの愛人の存在が明るみになりました。

ビートたけしの再婚相手A子のプロフィール・顔画像

ビートたけし 再婚相手 横井喜代子

ビートたけしの愛人と言われていた横井喜代子さん。

一般人の為、顔画像は公表されていませんが、雰囲気から見ても”出来る女風”にも見えます。

現時点で判明している経歴は以下の通り。

熊本県出身

父親は大手広告代理店の元幹部であり熊本県会議員を務めたことも

元銀座ホステスとして勤務

2009年にはホテル事業として会社設立

その後ホテル経営のアドバイザーとして活躍

元銀座ホステスであり、経営者でも合ったA子さん。

かなりやり手であったようにも思えます。

ビートたけし 再婚相手 横井喜代子

ホテル事業を立ち上げ経営者として活躍されていましたが、ビートたけしさんと出会い2015年には2人で個人会社を設立するまでになります。

次第にビートたけしの「オフィス北野」の経営にまで口出しするようになったんだとか・・。

たけしさんの周りでも評判はあまりいいものでもなかったようです。

オフィス北野の森社長やメンバーも反発しており、「たけしさんが横井さんのいいなりになってしまった」と漏らしていたんだとか。

実際に以前は収入の7割を元妻の幹子さんに渡されていましたが、現在は収入の全部が挙動経営している「T.Nゴン」に渡っているそうです。

ビートたけしの再婚相手A子は元銀座ホステスだった!

「妻に100億円払ってでも一緒になりたい」と話していたビートたけしさん。

著書では、

「食事にも気を使ってくれるし、最近なんか、朝起きりゃ、寝たまんまパンツをはかせてくれて“はい、いってらっしゃい”みたいな感じ」

と明かされており、現在の事務所名「T.Nゴン」も愛犬の名前と共にA子さんの愛称にも由来すると言われています。

また2017年に発表した純愛小説「アナログ」の主人公のモデルとも言われています。

相当惚れているようですし、それ程魅力的な女性なのではないでしょうか。