News

9月入学で早生まれや学年はどうなる?学年の区切りについても調査!

新型コロナウイルスの影響で学校の休校が続く中、今現在も多くの学校が授業を再開できない状況にあります。

夏まで休校が続くとなると、学習の遅れ等が懸念されています。

そんな中、解決策として浮上しているのが学校の「9月入学・始業案」です。

学校の入学・始業時期を4月から9月にずらすことで、学習の遅れを取り戻し世界の基準に合わせようという動きです。

9月入学・始業となると、学年の区切りや早生まれ、誕生日は変わるの?と様々な疑問が生じますが、一体どうなるのでしょうか?詳しく調べてみました。

【9月入学案】とは?

政府が導入を検討している9月入学案とは、

現在

  • 【4月2日〜翌年4月1日生まれ】までが一学年

から、

変更案

  • 【9月2日〜翌年9月1日生まれ】までが一学年

へ変更するというものです。

9月スタートへ変更することで、メリットとしては

  • 新型コロナウイルス対策による休校を8月まで伸ばすことが出来る
  • 学習の遅れの問題を解消することが出来る
  • 海外と基準を合わすことが出来、留学生の受け入れもスムーズになる
  • 受験時期が夏になる為、インフルエンザや積雪の影響がなくなる
  • 中止した学校イベントを再開することができる

などが挙げられています。

1番のメリットは、9月入学・始業案に切り替えることによって、学習期間を【2020年9月〜2021年8月】としっかり1年確保できることではないでしょうか。

現在子どもたちは学校に通えない状態が続いていますので、現状のまま例え夏休み明けの秋から再開できたとしても、当初の半分は遅れを取っていることになります。

しっかりと1年の学習期間を確保できるとなると、学習面では安心でしょう。

この政府が検討している9月入学案には、東京の小池都知事や大阪の吉村知事も賛成を表明。

政府に実現を求めるとして、9月入学・始業案が現実味を帯びているようです。

9月入学で学年はどうなる?区切りは?

ただ、9月入学に変更されることで、学年や学年の区切りは一体どうなるのでしょうか?

9月が始業の基準になることで、9月2日〜翌年4月1日までに誕生日を迎える学生は進級するも、4月2日〜9月1日生まれの学生はもう一度同じ学年を繰り返すことも生じることになります。

【2013年4月2日〜2014年4月1日生まれ:現在の小学1年生】

→学年の区切りが9月2日〜翌年9月1日に変更

  • 2013年9月2日〜2014年4月1日生まれ:小学2年生に進級?
  • 2013年4月2日〜2013年9月1日生まれ:再度小学1年生?

→同じ学年だった生徒が、上の学年・下の学年に分けられてしまう可能性も?

今まで同じ学年で過ごしていたクラスメイトが、進級する・しないとなると大きな混乱が生じることが予想されます。

仲良しの友達がいきなり学年が変わってしまい、上級生になると子供たちのストレスや負担も大きいことが予想されます。

【9月入学案】学年は変わらずスライド説も?

9月入学・始業案になることで、学年の区切りに疑問や懸念点がある中、今の学年がいきなり二分されるのは現実的ではありません。

このことから、これまで通り学年は【4月2日〜翌年4月1日生まれ】で区切り、入学・始業のタイミングだけを9月にずらすといった案も検討されています。

これによって、誕生日によって学年が変わる心配がなくなります。

これだと学年は変わらずにそのままのメンバーで学習し、一緒に卒業することが出来ます。

ただ、入学時期と学年の区切りが違うとなると、一層にややこしい場合も・・。

4月2日〜9月1日生まれの人は、誕生日を迎えてから卒業することも考えられます。

小学校を13歳で卒業する子供も出てくるということですね!

9月入学案が推進される中、具体的な学年の区切りについてはまだ議論が進んでいないようです。

9月入学で早生まれはどうなる?

そしてもう一つ気になるのが、早生まれはどうなるのか?という問題。

先程、9月入学に変更されると、学年の区切りにも混乱が生じることをご説明しました。

【2013年4月2日〜2014年4月1日生まれ:現在の小学1年生】

→学年の区切りが9月2日〜翌年9月1日に変更

  • 2013年9月2日〜2014年4月1日生まれ:小学2年生に進級?
  • 2013年4月2日〜2013年9月1日生まれ:再度小学1年生?

→同じ学年だった生徒が、上の学年・下の学年に分けられてしまう可能性も?

9月入学案に変更されると、今までの”早生まれ”の定義も変わってくる可能性があります!

早生まれとは?

早生まれとは、新年〜年度初めまでの間に生まれた子供のこと

現在、新年度は4月2日から始まるので、【1月1日〜4月1日】に生まれた子供を早生まれと呼んでいます。

9月入学案が採用されると、新学期は9月2日から始まる可能性が高いと予想されています。

となると、早生まれは【1月1日〜9月2日】の間に生まれた子供を指すことになり、かなり違和感が生まれます。

3ヶ月あった早生まれの定義が、8ヶ月となると早生まれの定義ももはやなくなってしまいそうです。

もともと、早生まれは同学年の中でも成長や体格に差が出るとしてるとして、不利と言われることも多くありました。

4月1日に生まれた子供と、同学年で4月2日に生まれた子供には丸1年の年齢差があるということですね。

子供が幼いうちはこの差が大きいと感じ、敢えて早生まれを避けようとする家族もあります。

早生まれの概念が変わってしまうのでは?と混乱や不安を感じる家庭も少なくないようです。

4月入学時と同じように早生まれの期間を揃えるとなると、【6月1日〜9月1日】に生まれた子供が”早生まれ”となりますが、これに関しても賛否両論が巻き起こっているようです。

【9月入学案】に世間の反応は?

現状、9月入学案に関しては様々な意見が飛び交っています。

賛成派・反対派の意見をチェックしてみましょう。

賛成派

反対派

賛成派も反対派も様々な意見が出ていますが、気になるのが10代〜20代の当事者は反対が多いのに対し、賛成が多いのは50代といったところでしょうか。

大きな混乱を及ぼすことは確実ですので、慎重に議論を重ねて頂きたいですね。

【まとめ】9月入学で早生まれや学年はどうなる?

9月入学案に関する早生まれや学年の区切りについて、疑問点をまとめてみました。

現在も議論が続く中、政府も導入に前向きであることや多くの知事が賛成を表明しており、9月入学案が現実味を帯びてきていますね。

全ての世代が納得する方法を探し出すのは難しいかも知れませんが・・少なくとも、当事者である子供や両親、教育現場に少しでも負担が少ない方法を選択してほしいものです。